夫婦でカレー大ブーム中

3年くらい前から夫婦でカレーブームです

最近では週に一度か二度は必ずカレー専門店でカレーを食べないと気が済まないくらいになっています。

全国的にはそうでもないと思いますが、私たち夫婦が住んでいる地域ではすごいといっていいほどカレーブームが来ています。

カレーとはいっても、日本風カレー、欧風カレー、スパイスカレーを大きく分けられますが、数年前からのスパイスカレーブームがカレー全体のブームに発展しています。

もともと自宅の近くにできたスパイスカレー店に行ったときにそのスパイスの奥深い世界に取りつかれたといっていいかもしれません。

夫婦で今までに行ったカレー店はすでに100店舗以上になるでしょうし、二人とも新しいものが好きですので、どこかで新しいカレー店が開店したといえばいち早く情報を手に入れて素早く訪問するのです。

自動車保険の更新

使わない物から順に整理していくのが、荷造りの基本です

引越の荷造りは、出来るだけ早いうちから行っていきたいものです。


しかしここで注意したいのは、現在住んで
いる家でまだ使うというものは、最後の最後に片付けることを忘れないことです。

仮に荷造りをしてしまっても問題ないもの、つまり普段使用していない物や季節物等から片付けていくのが正解と思われます。

仕分け

整理する箇所が分かったところで、次に行いたいのは荷物の仕分け作業です。

この作業では、引越し先に持っていく物と、これを機に処分する物とに仕分けを行っていきます。


不要品と仕分けされ
た物の中には、大きな物や重たい物もあるでしょう。

これらの処分には、手順を踏んだ処分方法が必要となります。


また、粗大ゴミには処分費用も発生します
ので、最初に整理しておくことで、引越しにかかる費用を予想できるメリットもあります。


そうして仕分けが終わった物から、当面
は使用しない物から順に荷造りしていくわけですが、荷造りには梱包するダンボールやガムテープといった梱包資材が必要となってきます。

これらを自ら調達するのも一つの手ですが、最もお得に、手軽に用意できる方法があります。

それは、引越し業者が提供するサービスを利用する方法です。

多くの業者さんが、梱包資材の無料サービスを行っていることをご存知でしょうか?見積もりをお願いする際に、こういったサービスについての説明がありますから、遠慮せずにお願いしましょう。


次に具体
的な梱包方法をご紹介していきます。


滅多に使わない物、
季節物から手を付けるとき、デリケートな物が必ず出てくるはずです。

壊れやすい陶器類やCD、DVD等といったプラスチックケースやゲーム機、家電製品等、これらの梱包は、仮に誤って手荒に扱った場合でも、少々のことでは壊れないよう、緩衝材でしっかりと包みましょう。


そしてお皿やコップ等、
小さくて壊れやすいものは、出来るだけ隙間ができないようにダンボールに収めましょう。

わずかに空いた隙間は、持ち運びで揺れた時、中で動いてしまうことがあります。

それによって物同士がぶつかって破損するケースが多いので、可能な限り隙間を埋めるようにしてください。

このような形で梱包し終えた物は、あらかじめ保管するスペースを用意しておき、そこに一まとめにしておきましょう
このように、時期を見てもう使わないと判断した物から順に片付けていきますと、スムーズに荷造りを進められるはずです
ちなみに引越し業者のサービスの中には、食器やシューズ、衣類専用の収納ケースが用意されていることもありますから、これも業者さんに接触した時点で確認しておき、利用できるサービスがあれば、積極的に活用していきましょう。


こうしたサービスを
利用するだけでも、随分と荷造りの作業が楽になるはずです。


絶対に損をしない引越し業者の選び方